NEWS

 

「イラストノート」43号に掲載中

誠文堂新光社さまより「イラストノート」43号が発売されます。
『イラストレーター209人の仕事』p.113に掲載されています。
書店で見かけましたらぜひお手に取って見てください。

170724_illustnote43_news

 目下、9月~10月発売の書籍・雑誌のお盆進行の真っ最中。
暑さ和らぐ頃にぼちぼちとお仕事の紹介を再開いたしまーす。

 

お仕事:図でわかる経済学

「日経文庫ビジュアル 図でわかる経済学」 カバーイラストレーション

client: 日本経済新聞出版社 design: 宮川和夫

170624_nikkei-economics_news 170624_nikkei-economics-02_news

お金の実験みたいな場面は?との発案はデザイナーの宮川さんによるもの。
個人的な見どころは、地球の周りをぐるぐる廻っている世界のお金。
お札というのはグラデーションやホログラムや透かし印刷などが入っているので
私のような色面マットな表現には向きません。なのでかなり自分流にアレンジ。
この作業が結構楽しかったのでした。せっかくだからよく見てやって下さい。

 

お仕事:新日本酒紀行-夏バージョン

「週刊ダイヤモンド」 内 連載  『新日本酒紀行』 
タイトルイラストレーション-夏バージョン

client: ダイヤモンド社 design: 矢野貴文 (志岐デザイン事務所)

170606_sake-summer_01_news

170606_sake-summer_02_news

タイトル画像が、夏バージョンに衣替えしました。お祭りの風景です。
例によって、タイトルバックにつき、抑えめな薄いグレーの処理ですので、
やや分かりづらいかと。納品時のK100原画の画像と共にご覧下さい。

 

お仕事:骨力体操

「一生動ける体になる! 骨力体操」  カバーイラストレーション

client: 高橋書店 design: 河南祐介 (FANTAGRAPH)

170606_kotsuryoku_news

一生お仕事をしてゆきたいので、一生動ける体を手に入れるのは大切なことです!
はい、今日からさっそく始めたいと思います!皆さまもぜひ!!

 

お仕事:ダイヤモンドZAI 7月号

「ダイヤモンド・ザイ」2017年07月号内特集ページ
『早いモノ勝ち!ふるさと納税ベスト自治体55』  カット

client: ダイヤモンド社 design: 河南祐介 (FANTAGRAPH)

170522_zai_00_news

170522_zai_01_news 170522_zai_02_news 170522_zai_03_news 170522_zai_04_news 170522_zai_05_news 170522_zai_06_news 170522_zai_07_news 170522_zai_08_news

ふるさと納税の返礼品は寄付額の3割以下に!と総務省通知が出た以上、
今までのようなお得な返礼品がいつまで続くか分からないってんで、
全国のお得な返礼品を今のうちにゲットしとこうというお役立ち企画。
楽しいカットをいくつも描かせて頂きました~。

 

お仕事:収納・片づけのABC

「収納・片づけのABC」 カバー&扉イラストレーション

client: 主婦の友社 design: 三木俊一(文京図案室)

バラバラに作ってお納めしたパーツを、カバー、3つの扉などに
自由に配して頂きました。

170411_katazukeABC_00_news

170411_katazukeABC_01_news 170411_katazukeABC_02_news 170411_katazukeABC_03_news

お仕事:新日本酒紀行-春バージョン

「週刊ダイヤモンド」 内 連載  『新日本酒紀行』 
タイトルイラストレーション-春バージョン

client: ダイヤモンド社 design: 矢野貴文 (志岐デザイン事務所)

170404_sake-spring_01_news 170404_sake-spring_02_news

昨年夏に提供させて頂いた新日本紀行タイトル画像ですが、
およそ9ヶ月ぶりにリニューアルしました。
この春バージョンは、4月1日号から約3ヵ月間掲載される予定。
タイトルバックにつき抑えめな薄いグレー。
ここではやや分かりづらいので、納品時のK100原画の画像と共に。

 

お仕事:よくわかる旅行業界

「よくわかる旅行業界」 カバーイラストレーション

client: 日本実業出版社 design: 熱田 肇 (志岐デザイン事務所)

170404_sekiyu_news

ビジネス書の献本をじっくり読むことはほぼありませんが
(専門的な内容だから読んでもよく分からないので)、
これは読んでみたくなりますね。
いえ、旅行業界に転職したいわけではありませんで、
旅行者の視点で読むといろいろ便利なことや興味深いことが
ウラ情報として知ることが出来るんじゃないかなあと。

 

お仕事:話せばわかるものなのか。(最終話)

「カンパネラ」 内コラム  『話せばわかるものなのか。』  
最終話 <飲めなかった酒
> イラストレーション

client: アサヒビール+日経BP社 text: ひきたよしあき

170325_news_campanella_12

アサヒビールと日経BP社の共同運営による大人のための情報サイト「カンパネラ」。
その中のひきたよしあきさんの連載コラム『話せばわかるものなのか。』第12話です。

日頃からあちこちで言っていますが、私は似顔絵が苦手。でも最終回なので、あえて
ひきたさんの顔を描いてみました。…が、やはり、微妙に似ていない…。笑

12回続いたこのお仕事も今回が最終回。
ひきたさんの文章は心に響きます。素敵なお仕事をさせて頂きました。
日経BP社のご担当者さま、ひきたさん、そして閲覧下さった皆さまに
心から感謝申し上げます。

第12話<飲めなかった酒> 内容はこちら:
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/100600034/031700016/

「カンパネラ」は毎週木曜日更新。ためになる楽しい情報満載です!
http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/

 

お仕事:ありのままのアンデルセン

「ありのままのアンデルセン- ヨーロッパ独り旅を追う」 カバーイラストレーション

client: 晶文社 design: 草苅睦子(アルビレオ)

170316_andersen-02_news

童話作家・アンデルセンの欧州旅行を、イギリスの作家マイケル・ブースが追体験。
そこに描かれた素顔は、アニメ『アンデルセン物語』で育った私にはビックリの連続。

そして本のデザインの愛らしさに嬉しさもひとしお。
最終的に色味はデザイナーさんが変えるという前提で、原画は黒x茶色の2色で
作りましたが、まさかこんなに素敵になるなんて!

 

お仕事:話せばわかるものなのか。-11

「カンパネラ」 内コラム  『話せばわかるものなのか。』  
第11話 <記憶でもてなす
> イラストレーション

client: アサヒビール+日経BP社 text: ひきたよしあき

170314_news_campanella_11

アサヒビールと日経BP社の共同運営による大人のための情報サイト「カンパネラ」。
その中のひきたよしあきさんの連載コラム『話せばわかるものなのか。』第11話です。

まさに神業レベル、京都の一流の料亭さんの一流の接客。そのすごさを絵に表したいと思うも、
恥ずかしながら、いい歳をしてそのような一流の場所に足を踏み入れたこともなく、想像すら
できず・・・。
ひきたさんが行かれたのは、もっと上品なこじんまりした入口のお店だったのかもわかりません
が、少々ステレオタイプで大袈裟な描写の方が雰囲気伝わりやすいかなあと思い、こんな感じ。

第11話<記憶でもてなす> 内容はこちら:
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/100600034/030100015/

「カンパネラ」は毎週木曜日更新。ためになる楽しい情報満載です!
http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/

 

2月と3月の展示作品です

 「Cats Cats」  2017年02月01日~28日 @ queue gallery
(★「gallery」のページでさらに大きい絵をご覧いただけます)

170312_cat_02_news 170312_cat_01_news


 「ネコ・モノ – ネコには無数のモノガタリ。」  
2017年02月14日~26日 @ ギャラリー・まぁる
(★「gallery」のページでさらに大きい絵をご覧いただけます)

170312_neko_01_news 170312_neko_02_news 170312_neko_03_news 170312_neko_04_news 170312_neko_05_news 170312_neko_06_news 170312_neko_07_news 170312_neko_08_news


「MIDNIGHT LIBRARY the second half of 2016 artists EXHIBITION

ミッドナイト・ライブラリー 2016 下半期アーティスト展」 
2017年03月03日~08日  @ HMV&BOOKS TOKYO

170312_hmv_01_news 170312_hmv_02_news 170312_hmv_03_news 170312_hmv_04_news 170312_hmv_05_news

お仕事:よくわかる石油業界

「よくわかる石油業界」 カバーイラストレーション

client: 日本実業出版社 design: 熱田 肇 (志岐デザイン事務所)

170306_sekiyu_news

普段から男っぽいお仕事が多い私ですが、それでも石油アイテム(?)を
描くのはこれが初めて。
掘削機、製油所、備蓄タンク、タンカーなどなど、やたらにデカいものを
小さなスペースに納めるのは案外難しい。オモチャみたいに見えるなあ。

 

終了しました:「MIDNIGHT LIBRARY 2016 下半期グループ展」

★こちらの展示は終了しました

「MIDNIGHT LIBRARY the second half of 2016 artists EXHIBITION
ミッドナイト・ライブラリー 2016 下半期アーティスト展」
https://www.facebook.com/events/186773245140250/

2017.3.3(金)~3.8(水)  11時~23時 会期中無休

HMV&BOOKS TOKYO 6F レジカウンター前 特設スペース
http://www.hmv.co.jp/select/hmvbooks
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ 6F
03-5784-3270

<参加作家>
深谷莉沙 / もとき理川 / 服部美樹 / 山本まりか / 和田由里子 / 藤田淑子

★トークイベント[作家6名によるワイワイ作品解説&談笑会]
3/5(日)13時30分~(同フロアー イベントスペース)入場無料

★ワークショップ[紙で紙に刷る「papertype」紙活字]
3/5(日)16時~ 講師:和田由里子(5F カフェスタンドあかりまど横)
参加費3000円 定員6名(先着順)
https://jamaru.jp/midnightstore/ にて予約受付
※応募者多数の場合は17:30より2回目を開催予定

昨年夏よりミッドナイトストアーというサイトで『たぶん世界でいちばんシンプルなフランスガイド』という
ZINEを販売中ですが、昨年下半期の作家6名が一堂に会して原画展示&グッズ販売を行うという
内容の企画展です。

160822-01_zine_midnightstore_news 160829_zine-02_midnightstore_news 160829_zine-03_midnightstore_news
私は、ZINEのテーマに基づいた原画2点、『渋谷系』というお題の課題作品1点、そして
グッズ2点(タンブラー&ランチョンマット)を出しています。

170303_bottle_midnightstore_news 170303_mat_midnightstore_news

日頃あまり接する機会のないアート系の皆さまとのプロジェクトで、私自身も刺激を受けております。
どうぞ渋谷方面にお出かけの折にはぜひともお立ち寄りくださいませ。
常駐はしておりませんが、時間のあるときはおります。土日の午後はいる予定です。

 

お仕事です:話せばわかるものなのか。-10

「カンパネラ」 内コラム  『話せばわかるものなのか。』  
第10話 <カウンター・プロフェッサー
> イラストレーション

client: アサヒビール+日経BP社 text: ひきたよしあき

170303_news_campanella_10

アサヒビールと日経BP社の共同運営による大人のための情報サイト「カンパネラ」。
その中のひきたよしあきさんの連載コラム『話せばわかるものなのか。』第10話です。

博識なお酒の先輩との素敵なエピソード。いちばんおいしい酒のツマミは、やはり「話術」。
人を楽しませる話ができるようになるには「知りたい」という欲求と行動力が大事なのですね。
愚痴や悪口ばかりのお酒ではダメなんですよ!(→自分に言い聞かせている・・・。)
まるで宇宙みたいな、この部長さんのような方と出会ってみたいものです。

第10話<カウンター・プロフェッサー> 内容はこちら:
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/100600034/021500014/

「カンパネラ」は毎週木曜日更新。ためになる楽しい情報満載です!
http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/

終了しました:企画展[CATS CATS]

queue gallery 開廊1周年記念展  [CATS CATS]

2017年02月01日(水)~02月28日(火) 13:00-19:00 

queue gallery (クー・ギャラリー)
〒160-0007 新宿区荒木町11-48 第一太田ビルB02 (B1F)
(都営新宿線曙橋駅 A1出口より徒歩約7分 / 東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅 4番出口より徒歩約7分)
tel.03-5315-4620

170127_catscats_news

★こちらの展示は終了しました

装丁家坂川栄治さんが主宰する「クー・ギャラリー:queue gallery」が
開廊1周年を迎えたことを記念して開催する、猫画展「CATS CATS」。
坂川さんの「猫ほど愛くるしい生きものはいない」という独断と偏見のもと、
総勢42名の個性豊かなイラストレーターが参加します。
壁に飾って楽しんでもらえるサイズの作品を展示販売いたします。
連れて帰りたい一匹に、ぜひ会いにいらしてください。

私は、ネコにまつわるフランスのことわざをモチーフにした絵を2点出展。
透明アクリル板にカッティングシートで切り絵をしました。
おかげさまで、2点とも売約済みだそうです!ありがとうございます!

終了しました:「ネコ・モノ ~ネコには無数のモノガタリ。」

5人展 「ネコ・モノ ~ネコには無数のモノガタリ。」

2017年02月14日(火)~02月26日(日)
12:00~19:00 (最終日 16:00まで)

@ Galerie Malle (ギャラリー・まある)
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階 (JR恵比寿駅東口より徒歩5分)
Tel&fax 03-5475-5054

170121_nekomono_news

★こちらの展示は終了いたしました

文学を題材にした作品を8点展示しております。
透明アクリル板にカッティングシートで切り絵をしました。
照明の加減が絶妙で、とても美しい展示となっております。
すでに売約済みの作品も出て参りました!お急ぎ下さい!

参加作家:
なかむら葉子 / ナツコ・ムーン / 新倉サチヨ / 古川じゅんこ / もとき理川

 

お仕事:話せばわかるものなのか。-9

「カンパネラ」 内コラム  『話せばわかるものなのか。』  
第9話 <一番うまかった酒
> イラストレーション

client: アサヒビール+日経BP社 text: ひきたよしあき

170209_news_campanella_09

アサヒビールと日経BP社の共同運営による大人のための情報サイト「カンパネラ」。
その中のひきたよしあきさんの連載コラム『話せばわかるものなのか。』第9話です。

ここのところ、ゴチャッと説明過多な表現が続き胃もたれ気味だったので、今回はなるべく
シンプルに!を心がけました、やや加藤芳郎似(笑)のチャップリンを描きました。
なぜチャップリン?とりあえず読んでみて!

第9話<一番うまかった酒> 内容はこちら:
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/100600034/020200013/

「カンパネラ」は毎週木曜日更新。ためになる楽しい情報満載です!
http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/

 

お仕事:耳より健康小話-10

「週刊 女性セブン」  2017年07号 
 『立川らく朝 耳より健康小話』 (第10回目)  
カット

170204_seven-09-A_news 170204_seven-09-B_news

<第10回目 山葵利いたか目に涙>
『穴どろ』という落語に絡めて、ワサビの効能についてのお話です。

今回で連載はいったん終了します。とても楽しいお仕事でした。
また近々に再開されますようにと願いつつ……。

 

お仕事:耳より健康小話-8&9

「週刊 女性セブン」  2017年04号・06号 
 『立川らく朝 耳より健康小話』 (第8回目・9回目)  
カット

<第8回目 女子会は地中海料理で>
『二人旅』という落語に絡めて、オリーブオイルは身体によいというお話です。
170129_seven-08-A_news 170129_seven-08-B_news

<第9回目 江戸っ子の美学もどこへやら>
『三方一両損』という落語に絡めて、脂肪細胞には2種類あるというお話です。
170129_seven-09-A_news 170129_seven-09-B_news

 

 

 

お仕事:話せばわかるものなのか。-8

「カンパネラ」 内コラム  『話せばわかるものなのか。』  
第8話 <教えた人に教えられる
> イラストレーション

client: アサヒビール+日経BP社 text: ひきたよしあき

170127_news_campanella_08

アサヒビールと日経BP社の共同運営による大人のための情報サイト「カンパネラ」。
その中のひきたよしあきさんの連載コラム『話せばわかるものなのか。』第8話です。

なんだか絵に出来ないくらいに素敵なお話でしたので、すごくシンプルに
「教えた人に教えられる」というタイトルをそのまま絵にするとどんな絵になるかなあと
考えてみました。で、こんな感じに。

私は、自分がやった仕事(ものにもよりますが)を他の人がやったらどんな絵になるのか
想像するのが好きです。
今回のお仕事もそうでした。いろいろ想像してひとり楽しんでいます。

第8話<教えた人に教えられる> 内容はこちら
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/100600034/011800012/

「カンパネラ」は毎週木曜日更新。ためになる楽しい情報満載です!
http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/

お仕事:耳より健康小話-6&7

「週刊 女性セブン」  2017年02号・03号 
 『立川らく朝 耳より健康小話』 (第6回目・7回目)  
カット

<第6回目 家事をするといいことがある>
『崇徳院』という落語に絡めて、運動による乳がんリスク軽減のお話です。

170112_seven-06-A_news 170112_seven-06-B_news

<第7回目 テレビの前にずっといると>
『金玉医者』『代脈』という落語に絡めて、運動量とテレビ視聴時間とウツの関係のお話です。

170112_seven-07-A_news 170112_seven-07-B_news

いずれも昭和テイスト香るモチーフを描いてみました。

お仕事:話せばわかるものなのか。-7

「カンパネラ」 内コラム  『話せばわかるものなのか。』  
第7話 <そば湯とお銚子一本
> イラストレーション

client: アサヒビール+日経BP社 text: ひきたよしあき

170110_news_campanella_07

アサヒビールと日経BP社の共同運営による大人のための情報サイト「カンパネラ」。
その中のひきたよしあきさんの連載コラム『話せばわかるものなのか。』第7話です。

人生の場面場面で味わい、変わってゆくお酒の味。
ひきたさんがいろんなシーンでいろんなお酒を味わわれるくだりにとてもワクワク
しました。新年なので、パーッと賑やかな雰囲気で。

第7話<そば湯とお銚子一本> 内容はこちら
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/100600034/122700011/

「カンパネラ」は毎週木曜日更新。ためになる楽しい情報満載です!
http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/

TIS、SPAの会員になりました。

2016年12月より日本図書設計家協会(SPA)、
2017年01月より東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)
の会員となりました。
活動の場を広げ、さらなる成長を図りたいと願う所存です。
どうぞそちらでの活動もご期待頂けますと幸いです。

★日本図書設計家協会(SPA) ウェブサイト
http://www.tosho-sekkei.gr.jp/

★東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS) ウェブサイト
http://www.tis-home.com/